カテゴリー: articles

脂肪をひやさない!

まず単純に想像してみて下さい。

冷蔵庫から出したてのお肉たち。脂肪は白く硬いですよね?そのお肉を鉄板の上に置いて焼き始めたら脂肪は透明に柔らかく溶け始めます。そして常温に戻してからのお肉と冷蔵庫から直接出して焼くお肉どちらが早く焼けますか?

このことから私たちの蓄えている脂肪たちも冷やさず、あたためておけば、いざ動き出す時に脂肪が取れやすいのではないのかなと思っています。

とは言っても時間のないこのご時世、毎日やれればいいですがなかなか難しいので、とにかく脂肪をひやさないということだけを重点に日々を過ごしてみてはいかがでしょうか?

脂肪を冷やさない

半身浴

トータル30分くらい入ります。10分くらい入るだけで身体を少しずつあたためていきます。

マッサージ

揉むといより、セルライトを摘む、剥がすというイメージでマッサージをしていきます。ここで時間があれば冷水をあて、また半身浴をしての繰り返しができれば代謝も更にアップでおすすめです。そして外出するときも気をつけましょう

一枚多く着て過ごす

お尻や腿、気になるところを触ってみて下さい。冷たいときは脂肪が冷えているということらしいです。私はレギンスや薄い肌着がかかせません!

もちろん外に響かないようなインナーで工夫しています。

常にあたたかくしていたらちょっとのお出かけが身体が更にあたたまりいい脂肪燃焼に繋がりやすくなると思い日々ちょっとの努力をしています。

水泳も悪くない

水泳は全身運動のため、普段使わない筋肉も使います。

さらに有酸素運動も兼ねているため脂肪燃焼には効果的だと考えられます。ちなみに私は以前、水泳部の練習で二時間ほど泳いで一キロ程体重が落ちてました。

よく市民プールに、お年寄りがプールで歩いているのを見かけることをあると思いますが、あれも効果的です。

なぜなら水の抵抗があることによって筋力アップと有酸素運動を同時に行えますし、水によって膝への負荷が減るので、運動不足の人が初めても関節を痛めにくいからです。

最初は水の中のウォーキングから始めてみるのもいいかもしれません、慣れてきたら一時間ほど休憩を挟みながら泳いでみてください、目安は30分に一度10分くらいですかね。

泳法はクロールがいいと思います、平泳ぎとバタフライは腰に負担がかかります。以下の論文にあるように、プロになったつもりで形にこだわってみるのもいいかもしれません。

https://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/160112takagi1.pdf

メニューとしてはストレッチ10分、水の中での準備運動5分、足にビート版を挟んで腕のみで進む100メートル×2~4、ビート版を手で持ってバタ足で進む100メートル×2~4といったところでしょうか。

 

あくまで無理のないように

脂肪を燃焼させようと無理しすぎてはいけません。

先に水泳は全身運動と書きましたが、脂肪を燃焼させますが、乳酸が溜まり疲れやすくなりますので、始める前と終わった後のストレッチを忘れないように行ってください。

体脂肪を落とすためには食事制限と有酸素運動

今では、当たり前になってきた情報ですが、「脂肪を落とすには・・・。」やはり、「運動」と「食事制限」です。これが確実に落とせます。

偏ったダイエットはダメ


私も「食事制限」だけや、「運動」だけの「脂肪を落とす減量」をしてきましたが、結局、どちらかに偏ったダイエット法をしていると、無理が来てストレスが溜まってしまいます。

例を出せば、「食事制限」をしていると、「食べたくてしょうがない。」と言う気持ちに負けてはいけないのですが、負けてしまって食べてしまうなどの事をしてしまいました。「運動」だけは、「運動」するとどうしてもものすごくお腹が空くので食べてしまいます。

この2つの経験から、一番難しいと思うのですが、「程よく運動」と「程よく食事制限」が大事になってくると感じました。でも、何事も程よくというのは難しく。やりすぎたり、やらなさすぎたりします。なので、私は思うがままにやってみました。

「最近、運動をしていないなぁ。」と思ったら、運動をして、「お腹が空いたなぁ。」と思ったら、食事をするようにしました。そうすると我慢するというストレスが無くなり、我慢することなく痩せてきました。本当に「ストレス太り」と言うものはないと思っていましたが、「あるかもなぁ。」と思いました。

簡単にデトックスして脂肪を減らす!

発汗式のデトックス方法をご紹介します。汗を掻くことで体の毒素を排出することができます。これが効果的なダイエットになるのでぜひ実践してみてください。

岩盤浴、溶岩浴


岩盤や溶岩のプレートの上で横になるだけです!

45度前後空間で最初はじんわり、10~15分程度で滝のような汗が出てきます。個人的には、溶岩浴のほうがオススメです。遠赤外線が身体の芯からしっかりと温めてくれます。最初はうつ伏せで、内臓を温めます。汗がでてきたなあ~と感じたら仰向けに変わります。水分補給をしっかりと行いながら様子をみて入ってください。全身がくまなく温まった目安のサインは、普段汗のかくことのない手の甲、足の甲からも汗が出てきたら!終了時には、なんとも言えない爽快感があります。夜の睡眠も良質ですよ。

ヨモギ蒸し


韓国発祥の健康法です。私は長年冷えに悩まされており、ものは試しと始めてみたのがきっかけですが、ダイエット効果もあるとの事。

実際、2週間に1回通っていますが、毎回体脂肪が減少しています。入り方は、全身を覆うケープを装着します。穴の空いた椅子の下にぐつぐつと煮込まれたヨモギがセットされていますので、その椅子に座り、ケープで密閉空間を作ります。

女性器でヨモギの蒸気を浴びること約20分。時間が経つ頃には、汗だくです。個人差があると思いますが、私は体脂肪をはかると毎回2、3パーセントは減少しています。

この体脂肪は今だけでしょ。と思っていましたが、2週間後に計測しても維持してました!さらにヨモギ蒸し後は、またまた減少!試す価値ありです!

ダイエットの秘訣は代謝


私は運動をすることや苦手で外で走るのが人目を引いて恥ずかしいので運動をしないでも済むダイエットを実践しています。

具体的にはウーロン茶・コーヒーを毎日飲む。腹式呼吸をするなどです。脂肪燃焼というとすぐに思い浮かべるのは代表的な食事制限と運動ですが、ああいったものは生まれつき才能のある人しか成功しません。

やはり日常生活の中で実践でき手軽に続けられる方法が好ましいと思います。お茶やコーヒーに含まれるカフェインは血流を促進し目も覚ますので消費カロリーを高めるのに効果があります。

またコーヒーのクロロゲン酸は脂肪の分解を促進し痩せやすい体質づくりをしてくれます。

あまり苦しいことではなくて簡単に続けられる習慣をいくつか組み合わせることが有効だと思います。

ダイエットに効果的な呼吸法


呼吸法に関してはインナーマッスルが鍛えられますし、内臓の動きが活発になることでダイエットだけでなく体調不良も改善してくれます。是非お勧めします。飲み物はそれぞれを一日に数杯づつ、呼吸法は6秒で吸って12秒で吐く深い呼吸を心掛け毎日10分程度続けます。

次第に体がポカポカし体調が改善されていくでしょう。このように複数の方法をバランスよく組み合わせることが有効だと思います。